2016年春アニメ

2016年春アニメ感想総括

田中くんはいつもけだるげ 1 (特装限定版) [Blu-ray]

4月から始まったアニメで最終回を迎えたアニメの総括です。
ゆきのんが見ていたアニメのみですので、隔たっていますが申し訳ないです。

今期は、「ゆったりのんびりと見たいアニメ」を見ていたかなあ~って感じです。
あと、学園物が多かったかな?

スポンサーリンク

田中くんはいつもけだるげ

ゆきのんの中では春アニメNO.1アニメでした。
ゆるゆるな雰囲気、キャラクターたちの立ち具合、ストーリーも原作を損なうことなく、まんまアニメにしてきた!という感じ。

主人公の田中役の小野賢章さんと太田役の細谷佳正さんのはまり具合も相まって、土曜日の夜にまったりゆったり見るのにすごく適していたアニメでした。

原作もまだ続いているし、2期があってほしいアニメですね。

キズナイーバー

これはまとめてみたアニメなのですが、なんというか「青春」していたよね。
青春は傷だらけなんだよ。

そうした部分と、大人の実験の犠牲になった子供の痛みの物語とも言えるんだけど。
なんかエヴァンゲリオンの「みんなと気持ちが一緒になると気持ちいい」的なものを感じなくもなかったのですがね。

友情と恋愛模様とが上手く作用して大団円を迎えたかなって感じですかね。
まあ後日談がもう少しありそうな感じもしますが、それはこれから発売されるDVDのおまけCDドラマなどで展開される可能性があるんじゃないかな~?

坂本ですが

実は原作は1巻だけしか読んでいないのですが、坂本くんが結局何者なのかは、原作でもアニメでも明かされなかったし、最終回ではアメリカへ留学しちゃうし、謎な坂本くんの行動がすべてポジティブにいつの間にか変わってたし、脇キャラたちもキャラ立ちしていたし、「ぶっとんでいる」という意味では楽しくみれたアニメでした。

あとはキャスト陣ですね。
坂本役の緑川光さんを始めとして、安定感あふれるベテランと中堅キャストで固めていたおかげで、前クールの「昭和元禄落語心中」なみの安心感がありました。

まあ、石田彰さんが落語心中の八雲さんから一転、オタクな雰囲気を持った高校生役(1話のエンディングを見てびっくりした)だったのには驚かされましたよ。
石田彰の幅広さを改めて感じましたよ。

少年メイド

タイトルどおりなんだけど、このアニメもほっこり枠ですね。
小学生は可愛い!

ちーちゃんと円さんの交流と2人から広がっていく周りの人たちとの交流。
エンディングのアイドルが何者??って感じだったのは6話で判明したりしたのはご愛敬ですね。

人見知りで、初対面の人間とは接したくない円さんだったけど、ちーちゃんのおかげで、少しずついろんな人たちとも接することができてるしね。

まあ、たまにちーちゃんと円さんのしっかり度合いが逆で笑わせてもらってましたけどね。

円さんとお母さんの確執とちーちゃんはそれにどう向き合うのかもまだ今回はそれほど深く描かれていないので、(ただ、祖母として会うことはできているし、ちーちゃんとおばあちゃんは普通に接してるので)そのあたりも2期で描かれるといいなあ。
というわけで、2期があるといいなあ~って期待してます。

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア

1クールだけなんて本当にもったいない!
原作を考えると2クール進めちゃうと追いついてしまうことを危惧した結果もあるのかな。

この1クールでは原作の3巻2話分くらいまでしか消化していないので、丁寧に作られていました。
最終回で2期決定のニュースも出ていたので、本当に楽しみです。

2期では、この後始まる運動会(学園祭)編で、轟くんがかなりピックアップされるし、その次の職場体験編では、飯田くんもクローズアップされるので、2期が2クール放送するのであれば、ここまでかな。

もしくは、期末テスト編までいくかな~って感じですね。
期末テストでは、デクと爆豪がまたバッチバチになるのと、八百万さんと峰田くんがピックアップされるので、こちらも期待ですね。

僕アカは、出久役の山下大輝さんがナレーションも務めつつ、出久の声とのギャップもありよかったです。
というか、出久がVOMICからそのまま山下くんでよかった。

原作の堀越先生がVOMICでの山下くんの声を聴いて、「デクの声ってこの声なんだ」とすごくマッチしてくれて、アニメでも山下くんを推薦してくれていたそうなので。
同時期に「磯部磯兵衛」をやっていたとは思えないんだけどね。(笑)

甲鉄城のカバネリ

「主題歌が今期1番最高!なアニメ」

で、終了したらダメですね(^^;)
でも、ワクワクさせられたし、アニメの内容にも合っていたし、本当にぴったりなアニメでしたよ。

内容も途中で苦しかったし、主人公の生駒は死んじゃうエンドじゃないかとか、敵役の美馬がやけにもったいぶって出されていたなとかいろいろあったんだけど、きちんと完結しつつ、生駒も助かったし。

ただ無名を人間に戻す方法はこれからさがさなきゃになるのかな。
ハッピーエンドといいつつ「俺たちの戦いはまだまだ続くよ」エンドと言ってもいいのかな。
美馬さんの最後は、これはもう自業自得というか、しょうがないというか、この最後しかなかったよねとしかいいようがないかな。

暗殺教室

無事に卒業しましたよ。
原作どおりの卒業です。

アニメは原作の余計な部分をそぎ落としつつ、最後まで突っ走っていった感じですね。
でも、原作、アニメそして実写映画とメディアミクス時には、すべて「同じ結末に帰着する」ため、かなり綿密な計画が立てられていたことは、松井先生のインタビューでも言われていたので、すべてが大団円へ持ってきたのは、すごく上手いメディアミックスの使い方だったなあと感じます。

まあ、総集編が11月に公開されるので、そちらも楽しみにしています。

と、まああんだけアニメ放送されていたのに、最後まで見ていたアニメがこれだけになりましたよ。
最初から見ていないのもありますが、(ハーレム系アニメとかはあまり見ない)ゆきのんの琴線に触れたアニメだけ見るってことで。

夏アニメも、見たいの結構あるし、どうしましょうね・・・って感じですよ。
本当に

スポンサーリンク