今日は息子の小学校の保護者会でした。
先生のお話が終わった後は、近くに座ってるお母さんたちとトーク。
その中で、「子供がDSを外に持っていきたいと言った時にはもっていかせるかどうか」という話題がでました。

スポンサーリンク

我が家でもDSはもっていますが、実はこのDSは高校生の従兄のお下がりなんですね。
なんでも、懸賞で最新版の3DSを当てたとのことで、今まで自分が使っていた3DSを息子へ譲ってくれたんです。

元々、DSを購入する予定は我が家にはなかったのです。
甥や姪も高学年になってから買ってもらっていたし、我が家でも今の段階で必要はないよなと思っていたので。
ですが、「せっかく譲ってくれるというのだからありがたくいただこう」となり、主人と子供でルール作りをして、ほとんど新品同様の3DSを手に入れたのです。

主人と子供が作ったルールの中に「3DSを外へは持ち出さない」という約束があります。
外で遊ぶ時は、公園の遊具だったりサッカーボールで遊んだり、『動いて遊ぶことが大事』と考えているからです。

あと、外で3DSを持って行ったときに、上の学年の子が3DSを脅し取ったというのも聞いたことがあるので、そうしたことも防ぐために外への持ち出しは禁止しました。

スポンサーリンク

 

親としてルール作りをどうしたらいいのかというのはどこの家庭にもあるようで、そうした話ができたのは良かったです。
話していてわかったことは、3DSで友達と遊ぶのは「コミュニケーションツール」の1つということ。
どこの家庭でも時間を決めて遊んでいること。

中には「ゲームの時間のために俺がんばる!」という子もいて「どこの家庭でも一緒だねえ」と笑いあったり。
「3DSはあくまで家の中で遊ぶもの」としっかり決めていることはいいことなのかもしれません。

ブログランキング参加してます。
応援お願いします。
にほんブログ村 アニメブログへ

スポンサーリンク