プロフィールのページで、「自律神経失調症」を患っていたことを書きました。
今は主人も私もほぼ完治(というか、今は通院はしていない)しているので、ツラツラと備忘録のように書いていこうと思います。

スポンサーリンク

最初に「自律神経失調症」になったのは主人でした。
原因は主人は私には話していないので、あくまで私の推測になりますが、「仕事の人間関係」ではないかなと思ってます。

主人が発症したのは今から9年前。
当時、主人は大学事務の本部に勤めていました。
その時の上司は、以前一緒に仕事をしたことのある先輩で主人ともツーカーのやり取りができる方でした。

その上司が異動になり、ほかの方に変わったのですがその上司の方は良い方で、仕事のスピードも速い勉強家な方のですが、ワンマンなところがあり、また自分と同じスピードを求める方でした。
その上司になってから主人の帰宅時間も午前様がほとんどというくらい遅くなってきました。

2か月ほどたったころでしょうか、主人が「頭痛がする」と言って仕事を休むようになりました。
朝になると頭痛がして熱が上がっていくのです。
昼を過ぎると平熱に下がるのですが、翌朝になるとまた上がる状態でした。

スポンサーリンク

 

当時、私はフルタイムで働いていて、1時間30分ほどの勤務地へ電車通勤していたため、早めに家を出ていたのですが
昼休みになると主人から「今日は仕事を休んだ」というメールが届いてました。

職場の医務室の先生に「主人が今、こういう状態で・・」と話すと「もしかしたら自律神経失調症かもしれないよ」と言われ、
心療内科の病院へ行くように勧めていただきました。
主人にもその話をしたのですが、元々が病院嫌いな主人はなんだかんだ理由をつけて通院をこばみました。

そんな中で、私の妊娠が発覚しました。
結婚して10年近くたってからの妊娠で「まさか、この時期にできるのか??」と驚きました。
私が妊娠している間にも主人は出勤とお休みを繰り返していたのです。

つづきます。

ブログランキング参加してます。
応援お願いします。
にほんブログ村 アニメブログへ
 

スポンサーリンク