10月27日に永眠された声優の松来未祐さん。
その早世を悲しむ声は多かったですし、松来さんがレギュラーで出演していたラジオ番組「有限会社チェリーベル」は、「3人そろってのチェリーベルだから」というパーソナリティの櫻井孝宏さんと鈴村健一さんの意向で番組終了となりました。

その松来さんのブログが所属事務所の81プロデュースのスタッフさんにより更新されました。

松来未祐を応援してくださった皆様へ

 

四十九日法要を終えたんですね。
もうそんなに時間が過ぎていたのかと感じました。

今回、ブログが更新されたのは松来さんが闘っていた病気についての病名の公表でした。
病名は「慢性活動性EBウイルス感染症」
どのような病気かというと

高熱が続く、肝障害が出るといった慢性的な症状があらわれる病気。
体内で病原体を撃退する免疫細胞のT細胞、NK細胞がEBウイルスに感染して起きる。
感染した細胞はがんの前段階のような特徴もあり、白血病やリンパ腫につながる例もある。
感染していない血液をつくる造血幹細胞移植(骨髄移植など)が有効な治療法とされる。
(2011-10-17 朝日新聞 朝刊 2社会)
コトバンク辞書より引用

 

まだ症例の少ない病気であり、難病指定もされていない難しい病気だそうです。
こんなにも難しく、大変な病気と闘っていたんですね。

ブログには松来さんのご両親からのメッセージも書かれています。
ご両親も松来さんをずっと支え続けていて、そして、松来さんの闘病生活を支え続けていた声優仲間やスタッフさんたち。
声優仲間のみなさんが訃報を受けて、松来さんへの想いをたくさんつづったメッセージを送ってましたね。

こんなにもたくさんの方に愛されていた松来さん。
病気が完治した時には、この闘病記を手記として出したいと願っていた松来さん。

その願いは、病名を公表することにより、このように難しい病気があることを知ることができました。
治療法や早期発見が進み、医療の発展に繋がっていけばいいなと思います。