声優さん

水谷優子さん

夕方からショックで、未だ立ち直れてません。

ちびまる子ちゃんのお姉ちゃん役やミニーマウスの日本語吹き替えをされていた声優の水谷優子さんが乳がんのためお亡くなりになったと、所属事務所の青二プロダクションから発表がありました。

まだ51歳の若さですよ。
先月までまる子ちゃんのアフレコにも参加されていたそうです。

ギリギリまでお仕事されていて亡くなられたと聞いて、3年前に本多知恵子さんが亡くなられた時のことを思い出しました。
本多さんだってまだまだお若かったのに。

私にとって、最初に聞いた水谷さんの声はZガンダムのサラなんですけど、「水谷優子」という声優を意識したのは、『赤い光弾ジリオン』のアップルでした。

『天空戦記シュラト』のラクシュ、『テッカマンブレード』のミユキ、『爆裂ハンター』のショコラ、『天地無用』の美星、『ナディア』のマリー、『デジモンアドベンチャー』の空、『ブラックジャック』のピノコなどなど・・

90年代を代表する声優さんの1人ですよね。
ミニーマウスやピノコのような愛くるしい声も出すのに、アップルや『スパロボ』のエクセレンのような大人な声も演じてて。

自分が見ていたアニメの声優さんが亡くなられるのは本当につらい。
突然の訃報で、言葉が出てこなくって。。

水谷さんが演じたキャラクターのキャラソンも持ってたし、ご本人名義で出していたCDも持っていたし、学生時代にいっぱい聞いた声の1人なんですよ。
だからもう、本当にせつない・・

近年は『ちびまる子ちゃん』か、ディズニーチャンネルを見た時に声を聴いてて、当たり前のように聞いてて、ずっと聞いていけると思っていたから。
まる子ちゃんの方は、今月いっぱいまでアニメ分の収録が先月終わっているとのことですね。

ディズニーランド好きの友達がちょうど今日ランドに遊びに行ってるそうで、絶句してました。
ミニーちゃんの声、すごく間近で聞いてるから余計にグッときてるようです。

ネットのニュースに使われていた宣材写真の笑顔。
昔見ていたアニメ誌のインタビューなどでよく掲載されていたときの写真の笑顔と本当変わらないんですよ。
昔から変わらず、温かな日差しのようなポカポカする笑顔をしていて。

突然すぎて、まだ信じられない気持ちでいっぱいです。
ご冥福をお祈りいたします。

(5/30追記)
昨日、水谷さん出演の最後のちびまる子ちゃんをリアルタイムで見ました。
4月の半ばの収録だったそうで、かなり進行している中での収録だったそうです。
吐き気もあったとのことで、洗面器を持っての移動。

水谷さんの旦那さんである西久保瑞穂監督が付き添っての収録だったそうです。
収録現場に行くまではすごく具合が悪そうだったのに、スタジオに入ったとたんにピシっと立って最後まで収録したそうです。

昨日の話の前半はまる子とお姉ちゃんのエピソード。
すごくセリフがはっきりしていたし、お姉ちゃんの声もいつも聞いていた声でした。
「ちょっと辛そうかな?」と思った部分もありましたが、全然違和感なくって。

入院した時にも病室に台本を持ち込んでいて、最後まで仕事への情熱が冷めなかったという水谷さん。
長い間、たくさんのキャラクターを演じて楽しませてくれてありがとうございました。

スポンサーリンク