週刊少年ジャンプ感想

週刊少年ジャンプ50号簡易感想

黒子のバスケ EXTRA GAME 前編 (ジャンプコミックス)

表紙は火ノ丸相撲
黒子のバスケとのコラボ読み切りがあるのですが、なんで黒バスと?という疑問もありました。

12月19日と20日に開催されるジャンプフェスタのジャンプスーパーステージでは、19日のハイキューステージには日向翔陽役の村瀬歩さん、影山飛雄役の石川界人さんの他に梟谷から木兎光太郎役の木村良平さん、赤葦京治役の逢坂良太さんの出演が決まりましたよ。
今年は梟谷押しですか。

20日の超人気3タイトル終結!SPロングステージは前回「ワールドトリガー」「食戟のソーマ」「僕のヒーローアカデミア」の3作品と発表されましたが、その出演者も発表されました。
「ワールドトリガー」からは空閑遊真役の村中知さん、三雲修役の梶裕貴さん、迅悠一役の中村悠一さん。
「食戟のソーマ」からは幸平創真役の松岡禎丞さん、タクミ・アルディーニ役の花江夏樹さん、葉山アキラ役の諏訪部順一さん。
食戟のソーマは来年にアニメの2期でもあるんですかね?
でも去年もハイキューは1期アニメ終了後にもスーパーステージあったから「今年放送されたアニメ」くくりなのかも。
「僕のヒーローアカデミア」からは主役の「緑谷出久」役のキャストも参戦と書かれてました。その他にもキャストの追加あるそうですので、続報を待ちましょう。
ジャンフェスの情報が出てくると年末だなあとつくづく感じますね。
さて、僕のヒーローアカデミアは、デクとオールマイトのキービジュアルも公開されてます。
制作がボンズだからかなり期待できそう。シリーズ構成も黒田洋介さんだしね。
公式ホームページ公式ツイッターもチェックしましょう。

アニメ絵原作の持ち味を損なわないところが素敵ですね。

では、いくつか印象に残った連載から簡単に感想を。

 

[ad#ad-1]

 

火ノ丸相撲×黒子のバスケスペシャルコラボ読み切り「キセキの待ったなし対決!!」
タイトルからわかるようにキセキの世代との対決ですが、ギャグです。
なんせ脚本と構成をしたのがジャンプ+で連載されているReplacePLUSを描いている高橋一郎先生。
黒子側の絵は今NEXTで連載しているEXTRAGAME版の絵です。
コラボのきっかけは、藤巻忠俊先生が、「火ノ丸相撲」が大好きだからだそうです。
両方のおもしろさを上手く掛け合わせつつ、、ギャグで進めていったのは楽しかったですよ。
オチも「そこかい!」ってオチだったし。
主人公2人が何とも言えない顔を見合わせて終わったのもシュールだなあ。

 

ワンピース
表紙が「フーシャ村」のようすが描かれているんだけど、マキノさんの子供を高い高いするダダンさんや周りみんなが楽しそうな姿が描かれてますが、
手前の男の子がかぶってる帽子がサボのと似てるんだけど?ゴーグルもついてるし。
どういうこと?サボはフーシャ村に立ち寄ってるの?ん??

麦わらの一味はどうやら「大切な客人」として扱われているよう。
ナミはのんきにお昼寝していたし(笑)突然の歓迎ムードにはみんなびっくり。ルフィは楽しそうだけど。
ルフィたちとの再会を喜ぶナミとチョッパー。
ルフィに抱き着くナミとウソップに抱き着くチョッパーを微笑ましくみているゾロとロビンのお父さん、お母さん感(笑)
でもゾロは「ん?」と気づきます。1人足らないことに。
ナミはルフィに「ごめん!サンジくんが!!」
本当にサンジどうしたの?
しかも次回は休載なんですけど。サンジになにがあったんだかな。

 

食戟のソーマ
ソーマと叡山との食戟は成立。
対戦は地鶏での勝負。竜胆先輩が部屋に乱入。
忙しいはずの十傑なのに叡山の仕事がこっちに回ってきた~と大変お怒り。
でも、ソーマが食戟するのは「楽しそう♪」と好意的。
というか、竜胆ちゃん、自分も仕事を久我先輩に押し付けてるわ。第一席なのにこの扱い。
極星寮の退去日をあえて、今ぶつけてきた叡山。
妙な輩が極星寮へ向かっています。
あまりにも卑怯な叡山に食戟管理局長も怒ります。
果たして、極星寮は?ソーマは叡山の野望を砕けるのか?

 

暗殺教室
1日で世界30か国回る超ワールドツアーで卒業アルバム用写真を撮ってきたE組の面々。
「楽しいからこそ手間暇かけて工夫して力の限りで取り組めるんです」
「まずは自分が楽しむことです 皆さんもそういう場所を見つけてください」
この言葉はいいですね。
渚は最後の進路相談で殺せんせーに教師になることを告げます。
渚はずっと殺せんせーを見てきたから、ずっと憧れてきたから。
あかり先生から殺せんせーに受け継がれたものが今度は渚が受け継いでいくんですね。
その夜、ついに最終暗殺が発動される。
E組校舎を狙った大きなレーザー。果たして殺せんせーは?
もう先週までののんびりさが嘘のように最後に向けて動き出しました。
暗殺教室もクライマックスに入ってきました。
来年の映画公開時には、原作も完結かもしれませんね。

 

[ad#ad-2]

背すじをピン!と
カラー絵の八巻先輩と秋子先輩がカッコイイ!ペア組んでるのになんで仲悪いんだか。
喧嘩するほどなんとやらなペアなのか?
真澄部長登場だけど、めっちゃ目立ってます。
というか、同年代の人たちの中では一目置かれている部長とリオ先輩。
審査員にも「本当に高校生かなあ あれ」とか言われてます。わかるけど。
ダンスも迫力だし、キレッキレ。その存在感の大きさにわかる人は目が離せないし、真澄ちゃんが踊ってるだけでおかしいと笑っちゃう人もいる。
どうしたって視線を集めてしまうんですね。
改めて部長の存在感の大きさを感じる八巻先輩。
さらに闘志に火が着いちゃったよ~。
ラテンの一次予選は1位が部長とリオ先輩ペア、八巻先輩と秋子先輩は3位通過。2位の畔田・ナオミ組とは1点差だったので本当に僅差。
二次予選はルンバから。ルンバは「大人の愛」を表現するダンスとのこと。
1年生たちは「愛って??」とざわざわしてます。カワイイな。
2次予選も満点で1位通過の真澄部長に挑発される八巻先輩と畔田くん。単純だな。
ついに決勝に進出の部長や八巻先輩たち。どうやら八巻先輩と秋子先輩には秘策があるようだけど果たして??

 
僕のヒーローアカデミア
デクがクラスメートたちの様子を映像から見ています。
デクは今回のテストが「意図的に各々の課題をぶつけている」というのに気付いたようです。
クラスメートたちが、自分たちの課題を克服しながら、諦めずにクリアしていく姿を見てデクは感激してるけど、逃げてる生徒もいるよ~

 

ニセコイ
本田さんもただただ万里花ちゃんの幸せを願っていたため。そのために本田さんなりにいろいろと行動していたわけですね。
鶫ちゃんと本田さんの共闘はマジ燃える。
そして仲間たちの協力を経て無事に檻から脱出。
お母さんの動向は気になるけどね。

 
銀魂
「桂じゃない ヅラだああああ!!」
もうその一言だけで桂じゃなかったヅラ、カッコイイよ。
というか、その感想しかないんだけど。

 

磯部磯兵衛物語
母上やってくれました。
というか、犬になっても磯兵衛って結局変わらんわ。
母上って本当、何者なんでしょね。。。

 

51号は食戟のソーマと磯兵衛と背すじがピン!とがセンターカラー。
新連載はKAITO先生の野球ですか。ジャンプの野球漫画って「Mrフルスイング」以降あんまりパッとしたもの思いつきませんが、新作はどうでしょね。
「クロスマネジ」はラクロスという題材がよかったんですけどね。

 

背すじをピン!と1巻発売されましたよ~

[ad#ranking]
[ad#ad-3]

スポンサーリンク