最遊記歌劇伝 Road to the WEST

9月に上演された舞台「最遊記歌劇伝-Reload-
チケットが取れなかったのですが、最遊記歌劇伝はニコニコ生放送で放送してくれるため、そちらのネットチケットをGETして感激しました。
前作のBurialもニコ生でみました。
この公演もチケット競争率が高くて、なかなか生で見に行けないですね。
なので、こうしてニコ生で放送してもらえるのは本当に有り難いです。

 

今回のニコ生は9月22日の昼公演と夜公演の2公演が放送されました。
昼公演では機材トラブルがあって、途中のシーンで音楽が流れなかったのですが、キャストさんたちがアカペラで歌いきって、そのトラブルすら、まるでなかったかのようにしていたのがすごい。
チームワークのすごさを見た気がします。

 

最遊記歌劇伝-Reload-
公演日 9月17日(木)~9月23日(水・祝) サンシャイン劇場
ニコニコ生放送配信 2015年9月22日(火・祝)13:00と18:00
キャスト
玄奘三蔵:鈴木拡樹 孫悟空:椎名鯛造 沙悟浄:鮎川太陽 猪八戒:藤原祐規
紅孩児:小野田龍之介 独角児:畠山 遼 雀呂:林 修司 王老師:うじすけ 坤:阿由葉朱凌/藤村真優(Wキャスト)
光明三蔵:三上 俊  你 健一:唐橋 充 ほか

 

スポンサーリンク

 

原作の方なんですけど、私途中までしか読んでないんですよ。
ちょうど今回の舞台の序盤部分。紅孩児が你博士に洗脳されてしまったところ。
その後の展開移行を読んでいなかったので、「これ原作読み直した方がいいなあ」と思いました。(だいぶ前に某所に売りに出しちゃったんだよToT)
文庫版も発売されているしいい機会かな。
前回のBurialは原作でいう「埋葬編」過去の話なのでどこか暗い雰囲気が続いていたのですが、今回はコミカルなシーンも多かったです。
ハヤブサ4兄弟ってなんだよってハナシですが、サブロウ兄さんこと八戒が楽しそうに歌っていたのが可愛かった。
悟空は相変わらず食べ物への執着がひどかったけど、坤という少年と接して「悟空兄ちゃん」と呼ばれたのがスっごく嬉しくって、ニコニコしていたのが可愛かった。
悟空を演じてる椎名鯛造くんはアクションキビキビしてるし、ジャンプ力もあるし、見ごたえがあります。
ハイライト(タバコ)大好き悟浄くんを演じてる鮎川太陽くんは、脚長いのよ。
リアルで悟浄って感じなのは前回の公演でも思いましたが、そのスタイルのよさで、とても舞台映えしていますね。
紅孩児を演じている小野田龍之介くんは、実は最遊記歌劇伝への出演は2009年の公演以来6年ぶりなんですね。
その時の公演時に、序盤にあった悟空との対戦で大けがを負って你博士に洗脳されたところで終わっていたそうなので(2008年と2009年の公演は未見です)その時の伏線の回収が今回の公演でもあったわけです。
初めて小野田君を見たのですが歌がとても上手。
とてものびやかで、キレイな歌声で、紅孩児の強さ、儚さをその歌声で表現していたのが素晴らしかったです。

 

歌の上手い人といえば光明三蔵役の三上俊さん。
前回のBurialで光明三蔵は初登場だったのですが、原作から出てきたようなビジュアル。
しかも美しい。マジ美しい。
ニコ生のコメントも「美人」とか「女優」とか「美しすぎる」とか美麗コメントばかり。
そして歌声もとても美しい。
光明は「月」を現しているのですが、月の光のようにやわらかく、たおやかな声。
何より癒される歌声。
今回の光明三蔵さんは三蔵一行を空から見守ってますよ~といいつつ一行にちょっかいかけたり(霊気を感じた三蔵たちはブルッと震えていた)
三蔵が悟浄や悟空の頭にハリセンで叩いたのを見て、自分も你博士の頭をハリセンでたたいたりオチャメなところ多かったです。

スポンサーリンク

你博士こと烏哭は相変わらずのうさん臭さで食えなささ。
ふざけた言動や行動の裏で得体のしれない怖さを唐橋充さんは演じてました。
唐橋さんというと「シンケンジャー」の悪役の腑破十臓役を思い出しますね。
あれは結構ワイルドな風体でしたけどね。

 

雀呂役の林修司さん。
私は昔BLEACHのミュージカルで白哉を演じていた林さんを見たことあったんですけど、あの時とは違って、今回のキャラは「劇団ひとり」とか言われるくらいはっちゃけて、ぶっとんでたキャラクターでした。
雀呂という存在自体がウザイけど楽しい愛すべきアホキャラ。
どうやら原作では悟空との出会いがすっごく面白いらしいので舞台でもそのシーンがあってほしいなあ。
主人公・玄奘三蔵役の鈴木拡樹くん。さすがの貫禄。
原作漫画からまじでてきた三蔵さま。
歌もなんか歌劇伝を重ねるごとに上手になっているような気がします。
あるインタビュー記事で「もっと歌を上手くなりたい」と言っていたのでボイストレーニングなどに励んでいるのかも知れませんね。
三蔵と言えば銃をぶっぱなす人ですが、その銃の打ち方もカッコイイ。「魔戒天浄」を放つ姿も神々しかった。
ラストには、新キャラらしき人物たちのシルエットがでてきたのでどうやら次作も公演がありそうです。
原作が休載したり、ゆっくりゆっくりの連載なのですが、これからも最遊記歌劇伝が続くようなので(といっても歌劇伝自体も、2009年移行スポンサーの関係で中断していたのですが、拡樹くんや鯛造くん、唐橋さんなど初演キャストやそのときかかわっていたスタッフさんの尽力で2014年に復活したのです)次はぜひぜひ、生で見たいなと思います。
早くても来年の公演かなと思いますが、できればペダステ新作とかぶる3月はやめてくれ(^^;)

 

ニコ生配信分は11月11日で終了となりましたが、「ルッキュ」https://lukyou.com/という動画サイトで、23日の千秋楽の模様が配信されています。
配信期間は12月6日まで。チケットは1700円で12月5日まで販売されています。 終了しました

DVDの発売は3月9日です。

ブログランキング参加してます。
応援お願いします。
にほんブログ村 アニメブログへ

スポンサーリンク