ミュージカルテニスの王子様

ミュージカルテニスの王子様Remarkable 1st Match不動峰その4

ミュージカル『テニスの王子様』 Remarkable 1st Match 不動峰

ミュージカルテニスの王子様の公演レポート。
こちらは、ゆきのんが過去に友人と運営していた不二役Kimeruくんのファンサイトに掲載していたレポートになります。
誤字脱字などがない限りできるだけ、当時のレポートを載せています。

2004年1月3日(土)~2004年1月5日(月)大阪メルパルクホール
1月3日 17:00開演
1月4日 11:00開演 16:00開演
1月5日 11:00開演 17:30開演
出演者(敬称略):Kimeru(越前リョーマ役),滝川英治(手塚国光役),土屋裕一(大石秀一郎役),永山たかし(不二周助役),一太郎(菊丸英二役),阿部よしつぐ(河村隆役),青山草太(乾貞治役),森山栄治(桃城武役),郷本直也(海堂薫役),菅原卓磨(橘桔平役),小西大樹(伊武深司役),松井靖幸(神尾アキラ役),上島雪夫(越前南次郎役) 他

[ad#ad-1]

大阪追加公演のみですが、行ってきました!!
大阪もかなりおもしろいネタがあったみたいでもう行けないのを悔やむことこの上なし(笑)
流れは東京公演と同じですので、ネタ部分で。
ただ、周りの歓声で聞こえなかったりしたところもありますのでその辺はご容赦を。

まず1幕目
南次郎さんの独白の部分ですが「英語の発音がみんな悪いなあ~」とすっぱりと(笑)
でもこれ、東京でも言ってたんですがね。
「ぶい・あい・しー・てぃ・・・」がなぜか「ぶい・えい・しー・えい・・・・」と「VACATION」になってしまいそうになったのはやっぱ上島さんがその年代の方だから
(あわわわわ これ元ネタの歌知っているお嬢さん方はどのくらいいたのかしら???)

桃ちゃんとリョーマの自転車シーン。
4日になんと2人は自転車から落ちてしまったそうで、Kimeruくんのふくらはぎにはあお痣が(痛そう・・・)
落ちたときでも変わらずお芝居続けていたそうで、さすがはプロ!
(でも見ていた方々の話によるとかなりつらそうだったとか)

泉・布川コンビ登場のときも、おもしろネタを言っていたのですが周りの歓声でよく聞こえず。
でもおもしろいことを言っていたのには間違いないです。
ダブルスで桃ちゃんとぶつかったリョーマが再び「姫様だっこ」をされてました。

1年生トリオのダンスも相変わらずかわいらしいのにキレがありました。
レギュラーが登場するときも、1年生トリオのダンスの真似をして登場していました。
しかも全員(手塚と乾をのぞく)

そして、乾汁。
大阪では東京で犠牲にならなかった菊丸、桃城、リョーマそしてなぜか堀尾が犠牲になったそうです。
堀尾くんのはどうも「青とうがらし」が入っていたらしく、石橋くんはかなりむせていたそうです。

私の見た千秋楽の犠牲者は・・・「て・・・手塚?」 とおそろしくつっかえ気味に言った乾先輩(笑)
堀尾ってば、手塚のときにコーンにない色の「みどり」をやたら連発していて手塚に詰め寄られそうになってましたし(笑)
手塚の眉間のしわは確実に3倍になってました(大笑)

で、結局飲んだ手塚・・というか滝川さん。
半分くらい飲んだところでおもむろに
「大石・・・」
と大石に残りを渡そうとする手塚。つっちー思わず
「手塚・・・無理するなよ」
の名セリフで見事かわしておりました。
(これの楽屋裏はPnishの稽古日記につっちーが書いてます。2人ともかわいいなあ)
そして、暗転したときに思いっきり咳払いをしていた手塚(というか滝川さん)おつかれさまでした。

不動峰との遭遇シーンでの桃ちゃんと伊武くんの会話。
「いい試合をしよう」
と手を差し出した桃ちゃんの手を握り返す伊武くん。
「不動峰は負けないよ」
と言って手を放そうとするがなぜか離してもらえず不思議に思っていたら桃ちゃん(というよりこのときは森山さんとして)に
「いろいろありがとな」
と言われてました。

[ad#ad-2]

2幕目
幕が上がる前にタカさんと桃ちゃんが病院へ行って先生に診察をしてもらうシーン。
変な先生に不信感をもった2人が去ったあと大石が「おじさん、どうしたの?」と現れました。
そうか、あの変な先生は大石のおじさんだったのか・・・(笑)

リズムに乗るぜ♪の歌に合わせて踊ってるシーンではリョーマと乾が一緒に踊っていて海堂ににらまれてました。
3年6組コンビもなにやらしていたらしいのですが、ちょうど私のいたところからは幕でみえなくって残念でした。
(これが楽しみでいったってのに!!)

試合が終わったあとの不動峰コンビの会話で、今度は伊武君が神尾君により「乾汁」を飲まされていました。
「最後にこうくるか・・・」
とボソッとつぶやく伊武くんがおかしかったです。

かわむらすしのシーンでの「DHA」ですが「H」が「ホット、ホット」というのしか聞こえなかったです。(肝心なのに・・・)
ちなみに5日昼は「どうなってるんだ、本当のところは、杏ちゃんとの関係」だったそうで(笑)

それと部長の中学3年生ネタ。
どこかの日に「3年前までランドセルしょってました」発言があったそうです。

千秋楽では
タカさん「親父、ビールなんかだしてどうするんだよ・・・いや、顧問の先生は来てないって。
学ランきている先生がどこの世界にいるんだよ!」
手塚「部長の手塚です!中学3年生です。ちょっとズボンの丈が短いですけど」
ええ!と思わずズボンの裾を見てしまった大石たちがいました。

わさびすしはこの千秋楽でも本物がでたようで、一太郎くんがかなりきてました(笑)
そして「たけのこ、たけのこニョッキンキン」で失敗した海堂や桃ちゃんも食べる羽目になってしまいました。

直也くんは最初に失敗して食べたときに次のセリフが思わずうわずった声ででてしまって周りに突っ込まれたり、2人で同時にわさびすしを食べた森山さんと直也くんもケンカのシーンではセリフがなかなか上手く言えずジェスチャーで「表へ出ろ!」とやってました。

タカさんが乾のためにとっといた魚の目玉。
この千秋楽のみ「マグロの内臓」に変わってました。

ラストの青学レギュラー陣が「青学の柱」の歌をうたっているとき、Kimeruくんが登場するときに上島さんも一緒に出てきて、Kimeruくんを讃えていたらKimeruくんは思わず涙ぐみ上島さんと抱き合ってました。
本当この6日間10公演がんばったものね。

ここですごく泣いてしまっていたのでなかなかカーテンコールの幕が開かない(^^;)
開いたときには涙ぐみながらも一生懸命「You got game?」を歌ってましたよ。

この回がラストと言うことでキャストの方もみなさん泣いてる方が多かったですね。
無事にやりとげたという達成感もあったのでしょう。本当にすばらしい舞台でした。
柳くんも回復にむかっているという報も入りましたし、次のテニミューが本当に楽しみですね。

大阪ネタは大阪公演に行っていた方に教えてもらいました。
大千秋楽は涙・涙の大合唱ですよ。
舞台は生ものということもありますが、カンパニーの良さがね、こういうところに出てきてるんだよなあと思います。
ファンにとってもいろいろと不安のあった不動峰公演ですが、全公演を終えて思ったのはただただ「ありがとう」という言葉だけ。
テニミュは青春の1ページを切り取った舞台でもあるんですよね。

[ad#ranking] 
[ad#ad-3]

スポンサーリンク